垂れ下がったバストを上向きに戻す2つの筋トレ法

s_mobility-603558_640

加齢による老化からくるバストの垂れや産後のバストの垂れなど、さまざまな原因でバストは垂れ下がってしまいます。重力によってずっと負荷がかかっているバストですので垂れるのが当たり前!そんなバストを垂れないように予防・改善するための筋トレ法をご紹介します。

 

年齢を重ねて垂れておばあちゃんみたいなバストにならないように今からケアして、年齢を重ねても美しいハリのある上向きな美バストを維持していきましょう♪さらにはもう垂れ下がってしまったバストを戻していきましょう♪それでは早速ご紹介してきます。

 

垂れ下がった胸を上向きに戻す筋トレ法!4選

 膝つき腕立て伏せ

th_ busttore

 

※上記画像をクリックすると動画が再生されます。

 

普通の腕立て伏せでは負荷が大きく女性ならなかなか続けることが難しくなってきます。しかも負荷が大きいと怪我をしてしまう危険性もありますので今回紹介する方法は女性でも負担が小さい軽めの膝つき腕立て伏せをご紹介します♪

 【方法】

  1. 肩幅よりやや広めに手を開いて、膝をつき、足をクロスさせます。
  2. 二の腕が床と平行になるまでゆっくり3秒かけて肘を曲げます。
  3. 次は逆に3秒かけて身体を起こします。
  4. 肘が伸びきる寸前まできたら再度ゆっくり3秒かけて肘を曲げます。
  5. これを5〜10回繰り返してください。
  6. 1日3セットが目安です。

 

大胸筋を鍛えることができるので垂れ下がった胸を改善できます。しかも上腕二頭筋も鍛えることができるので二の腕の引き締め効果も期待できます♪

 

負荷が少ないので大丈夫ですが、あまり負荷が大きい筋トレを行なうとバストの脂肪が筋肉に変わってしまい固いバストになってしまいますので、やり過ぎは注意です!

 

合掌のポーズ

gassyoupo-zu

【方法】

  1. 姿勢を良くし、胸の前で手の平を合わせる
  2. 呼吸をしながら、手の平を15秒ほど押し合う。(手の付け根を押し合うように)
  3. 5回×1日3セット

 

バストアップの中でも有名な「合掌のポーズ」大胸筋が鍛えられますのでデコルテ周辺のサイズアップ、垂れ防止、ハリのある胸になるなどさまざまな効果が期待できます。

 

たった2つの方法ですが、これが主に効果がある方法なのでいろいろな方法を実践するのではなくこの2つに絞って筋トレをしていきましょう。あまりたくさんの種類をやって負担をかけ過ぎると筋肉がつきすぎてバストの大切な脂肪が筋肉になってしまい固いバストになってしまいます(^_^;)

 

ですので筋肉痛にならない程度に実践してくださいね。固いバストは男性ウケも悪いみたいですにので。。。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ