卒乳後しぼんだ胸をバストアップさせる4つの筋トレ法

th_crossfit-534615_640

卒乳後の垂れ下がってしまってさらにしぼんでしまった自分の悲しい胸!そんな卒乳後の悩みでもあるしぼんだ胸をバストアップさせる筋トレ法を今回はご紹介します。

 

また時間があれば卒乳後の垂れさがってしまった胸を戻す方法などもご紹介したいと思います。

 

卒乳後胸がしぼんでしまう理由

卒乳後バストがしぼんでしまう原因は「乳腺」にあります。

子供を授かり妊娠すると、母乳を出す準備を身体が行い、女性ホルモンが通常の数十倍も分泌され乳腺が発達します。乳腺が増えると胸が2カップぐらい大きくなります。妊娠中や出産が胸が張ったり、大きくなるのはこのためです。

 

女性ホルモンが増え、乳腺が発達し、バストが大きくなるとそれだけバストの皮膚も伸びてしまいます。授乳が終わり卒乳の時期になると、それにともない身体も母乳を作らなくなり、女性ホルモンが減少して、乳腺も元の大きさに戻ってしまいます。

 

乳腺が小さくなり脂肪も減ることで妊娠中や産後の伸びきってしまった皮膚がそのままの状態になり、しぼんだ胸になってしまうのです。このような理由で卒乳後はバストがしぼんでしまうのです。

 

 

卒乳後の胸をバストアップさせる筋トレ法

th_danberu

今回は筋トレ法に絞ってご紹介したいと思います。

 

妊娠中や出産後は安静にしていなければいけないので運動などは控えてきたと思います。さらに自宅や実家で安静にしていた分、なかなか大胸筋(胸の筋肉)を使わなかったと思います。

 

そのため筋肉が衰え小さくなっています。大胸筋はバストを支える大事な役割を担っていますので衰えた大胸筋を鍛えなおすことでバストアップに有効です。ですので大胸筋を鍛えることはとても有効な手段なのです♪

 

それでは説明はこれまでにして実践的な方法をご紹介します。

 

  1. 合掌のポーズ
  2. 膝つき腕立て伏せ

 

この2つの方法が女性には負担が少なくおすすめです。やり方などはこちらに詳しく掲載されていますので合わせてお読みください。

>>>>>【大胸筋を鍛える2つの方法】<<<<<

 

 

ダンベルで大胸筋を鍛えるバストアップ法

th_file0001781578396

家に旦那さんが筋トレにために使っているダンベルがある、彼氏の家にダンベルがある、自分の家に昔使っていて今は押入れに眠っているダンベルがあるという方は是非ダンベルを使って筋トレを行いましょう♪ではご紹介します。

 

トレーニング①

【方法】

  1. 仰向けになり、胸を張ります。
  2. ダンベルもを胸の横で身体と平行に縦になるように構えます。
  3. 息を吐きながらダンベルを胸に上に持ち上げます。肘を伸ばしきることがポイントです。
  4. 息を吸いながら今度は下ろしていきます。

 

※ダンベルも重さは1kgぐらいで最初は軽いものから行ってください。慣れてくるにつれて1.5kgや2kgでも実践されてみてはどうでしょう?

 

回数に関しては15~20回を3セット行ってください。辛い場合には、重さを軽くする、回数を減らすなどして無理をしないでください。

 

トレーニング②

【方法】

  1. 仰向けになり、胸を張ります。
  2. 肘を軽く曲げて腕を開きます。
  3. 息を吐きながらダンベルを上げます。
  4. 上げる際は、両手の小指同時が近づくようにダンベルを合わせてください。
  5. 息を吸いながらダンベルを下に下ろします。

 

※回数、重さともに上記の説明と同じです。

バストアップだけでなく二の腕のたるみも解消されますので、一石二鳥の筋トレだと思います。

 

卒乳後にしぼんでしまった悲しい自分の胸をバストアップさせるためにはちょっとした努力が必要になってきます。産後や卒乳後は誰でも胸がしぼんで垂れていってしまいます。

 

最近では紗栄子さんも産後によるバストの垂れを告白していました。加齢によるしぼみやたるみなどケアしなければどんどん衰えてしまう身体。今からできることはおこなっていつまでたっても美しい女性でいれるようケアしていきましょう♪

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ