バストアップと睡眠の以外な関係!寝るだけバストアップ術

th_bustsuimin

バストアップと睡眠は関係性があるのか?と疑問に思っている女性もいると思いますのでこちらではそんなバストアップと睡眠の関係性をご紹介します。

 

睡眠とバストの関係だったり、いつ寝ればバストにいいのか?オススメの睡眠時間は?時間帯は?などなど細かく解説していきますのでしっかり最後まで読んで学んで自分の知識にしてください♪

 

それでは早速ご紹介したいと思います。

 

バストアップと睡眠の関係性!

th_suiminn

まず率直に睡眠とバストアップの関係性ですが、これは”あります”
睡眠の仕方次第で胸を大きくすることは可能です!!

 

なぜかといいますと、しっかり睡眠をとるころで睡眠中に女性ホルモン、成長ホルモンが正常に分泌されるからです。バストの9割が脂肪でできています。残りの1割が乳腺でできています。

 

バストアップするためにバストの1割である乳腺を発達させる必要があります。脂肪を増やすことで胸を大きくすることはできますが、一時的な物であり直接的にバストアップすることは難しいです。

 

乳腺を発達させるためには女性ホルモンが関係してます。ですのでしっかりと睡眠をとるころで→女性ホルモンが正常に分泌される→乳腺が発達する。という流れになり、バストアップが可能なのです。

 

 

おすすめの寝る時間帯は?

th_suimintime

先ほどしっかりした睡眠と言いましたが、曖昧な表現だったのでわからなかったと思います(^_^;)ですので詳しい時間帯、おすすめの時間をお教えします。

 

こんな悩みを抱えている方がいました。

胸が小さくて悩んでいる女子です。胸を大きくするためには睡眠時間も関係あるんですか?私の睡眠時間は深夜2時から7時までです。バストアップのためには何時に寝て、どのぐらい寝ればいいのですか?

 

こちらの場合は睡眠時間は5時間です。バストアップのためにはただ寝るだけではダメです。睡眠時間が長いからといって良いというものでもありません。

 

大事になるのが寝る時間です。

 

大事になる寝る時間は22時です。
22時〜2時の時間帯を”睡眠のゴールデンタイム”とも呼ばれています。

 

このゴールデンタイムにしっかり女性ホルモン、成長ホルモンが分泌されます。更に0時に一番ホルモンの分泌量が多くなります。ですので22時には眠ることができる準備、環境作りが大切になります♪

 

ですが睡眠のゴールデンタイムだけが重要な訳ではありません。
睡眠から2時間後に女性ホルモン、成長ホルモンの分泌が活発になります。更に熟睡することで更にホルモンの分泌を活発にすることもできますので、熟睡できる環境作りも大切になってきます。

 

 

熟睡するための環境作り!

th_zyukusui

・明るい光を避ける

テレビやパソコン、スマホなどの明るい光を寝る前に見ていませんか?そんな方は要注意です。明るい光で脳が刺激されて寝付きが悪くなる可能性が高まります。ですので寝る前に明るい光を見るのは避けましょう。間接照明などを付けてリラックスできる空間を演出することでスムーズに眠りにつくことができますよ♪

 

・アロマでリラックス

アロマオイルを活用して、睡眠前にリラックスすることで安眠することができます!!ラベンダーやカモミール、インラインなどが睡眠前にはオススメです。

 

・適度な運動

日中や夕方などの運動することで適度な疲労により、熟睡することができます。注意点としては寝る2時間前までに運動は済ませてください。寝る直前などに激しい運動をしてしまうと、逆効果になってしまいます。

 

・ストレッチやヨガを行なう

寝る直前の激しい運動は体を厳禁です。ですので寝る直前は軽いストレッチやヨガがおすすめです♪

 

 

まとめ

睡眠の質が落ちてしまうと、女性ホルモンの分泌が正常に行われません。更に女性ホルモンのバランスの乱れが不眠症を引き起こす原因にもなります。このような悪循環に陥ってしまうと質の高い睡眠をとることが難しくなり胸を大きくするための環境を妨げてしまします。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ